ビジネスの苦悩、矛盾に寄り添えるデザイナーを目指して。

2021/07/17

IMG_8822228.png

生い立ちから創業まで

1998年5月、奈良県出身

デザイナーの父親の影響もあり、小さい頃から図工や美術が得意で、小学生時代からPhotoshopで遊んだりしていた少年でした。とはいえ小さい頃の夢はデザイナーではなく、実業家であった祖父の生き方に心のどこかで憧れを感じながら、少年時代を過ごしました。

 

本腰を入れて事業家を志し、神戸大学経済学部に進学しました。大学を推薦入試で合格後、入学までの約2ヶ月間でHTML/CSSの勉強と訪問販売の営業を始めます。入学後、海外企業へのインターンシップを派遣する学生NPO団体で営業部として活動し、一年の営業経験を経て、自身で事業を開始。学生と企業を集めた就活イベントの企画からはじめ、断捨離代行事業、プログラミング教室、集客支援ツールの開発、茶葉の販売など、多岐にわたる領域で起業し、そしてことどとく失敗しました。

 

デザイナーを名乗り始めるきっかけ

そんな中で、サービスを作るたびに自分でプロダクトをデザインしていました。周りやお客さんからのデザインに対する評判がよく、知人の経営者からデザインをお願いされることも増えました。それが、デザイナーを名乗り始めたきっかけです。

 

自分のデザインの原点

会社を創業してから、共同創業者が鬱で倒れたり、信頼していた取引先に裏切られたり、お客様に怒鳴られたり、精神的に病むことがたくさんありました。資金が尽きかけて、残高数万円で東京に上京し、そして投資家に騙されたこともありました。何度も、自分で死ぬことを考えました。それでも、何者かになりたいという気持ちを糧に、ぎりぎり続けることができました。偶然、運よく続けられただけで、周りの多くの仲間は、苦しさのあまり諦めていきました。

 

今になって、様々な経営者さんや起業家さん、ビジネスパーソンの方々、活動家の皆さんと関わる機会が増えて、何かを成し遂げたいからこそ経験する悔しさ、理不尽さ、矛盾、などがこの世の中には溢れていて、挑戦する誰しもが煌びやかな姿の裏に、その辛さを隠し持っていることを知りました。

 

それを自分なりに分かるからこそ、それすら受け入れて、理解して、共感して、それを一つの形として表現できるデザイナーになりたい、と考えています。

​デザインに込める想い

 

人造的に作り上げられた綺麗なものを、綺麗なままに表現することは、デザイナーとして至って簡単です。ですが、それ以上に、その人だけが抱える弱さ、矛盾、悲しみ、怒り、喜び、幸せ、など、生々しい感情を理解することが、その人やその会社にしかない魅力を表現できる秘訣なのではと考えています。

 

そのような思想で、常に挑戦者の苦しさにできる限り共感できるよう、自分自身も現状に満足することなく、挑戦を繰り返していくことを決めています。それが、発信者という形であったり、経営者という形である、というだけです。

 

ただカッコ良いものを作ることができるデザイナーもデザイン会社も沢山あります。ただ、僕はそれ以前に、同志として一緒に走ることができるデザイナーでありたい。苦楽を共有できるような存在、ご依頼者が赤レンジャーであれば、自分は緑レンジャーのような存在でありたい。

 

そんな哲学で、これからも活動を続けていきます。

これからも、デザイナー津田の姿をたまに覗いていただけると幸いです。​

拙文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

是非とも、SNSでシェアなどしていただけると嬉しいです。

 

津田晋吾